Apple Pencilのペン先が寿命なし?ELECOMからリニューアルされた金属製極細ペン先を試してみた!P-TIPAP04CRレビュー

こんにちは!iPadで勉強してますか?

Apple Pencil純正のペン先は、ペーパーライクフィルムを使用していると消耗が激しいですよね。
Apple Pencilの純正ペン先は意外と高い!

Apple(アップル)
¥2,860 (2022/12/04 21:15時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

高いのに書き心地がいいわけでもないので、サードパーティ製で純正ペン先を勝るペン先を探し求めていたところにELECOMから発売されている極細金属製ペン先に出会いました。

そして今回さらにELECOMから大人気の極細金属製ペン先が今回リニューアルされて、新登場しました。

以前から発売されていた金属製のペン先は、ペン先と書き出しの位置のズレがあるという意見が目立ちましたが、今回リニューアルされ、位置ずれを最小限に改良されたとのことで、早速購入してみました。

今回は購入して大満足しているApple Pencilの先端カバー『P-TIPAP04CRをレビューしていきます!

目次

ELECOM Apple Pencil 極細金属製ペン先(透明)

今回購入したのは、ELECOMから発売されたペン先全体が透明で先端は金属製のペン先の『P-TIPAP04CR』です。

ポイント
  • 極細ペン先で描写部分が見えやすく、文字や絵を描くのに最適
  • ペン先が堅く細いため、まるでシャーペンで書いているかのような書き心地
  • 金属製のペン先のおかげで寿命が長い

Apple Pencil第1世代、第2世代で使用可能ですので、世代を気にせず購入できます

極細金属製ペン先の使用感

Apple Pencil純正のペン先は樹脂製ですので、最初は金属製のペン先になんとなく抵抗感がありました。
実際に使用してみるともう純正ペン先には戻れません。ELECOMの極細ペン先をリピートすることが決定しました。

そんなリピ確定のペン先をご紹介します!

金属製ペン先は画面を傷つけるおそれがあるので、必ずフィルムを貼ってから使用して下さい。ELECOMのペーパーライクフィルムを貼ると相性抜群です。

私は普段、ELECOMから発売されている文字用のペーパーライクフィルムを使用しています。適度な沈み込みがまるで紙に書いているように自然な書き心地です。

描写ズレの程度

以前のモデルは口コミで描写のズレが度々指摘されていました。個人的には気になるほどではありませんでしたが、そうはいってもシャーペンなどで書く感覚とはズレている感覚はあり、書きにくい感じは受けていました。

今回リニューアルされた『P-TIPAP04CR』はペン先が細く短くなり、描写のズレが感覚的には全く感じられません。
シャーペンで紙に書く感覚とさほど変わらない感覚で文字を書くことができます。

このように意図した位置にしっかり線を引くことができます。

アプリは純正メモアプリを使用しています。

以前のモデルで騒がれていた描写がずれるという問題は、今回のモデルでしっかり改善されているため、全く問題ありません。

感覚的にはズレが全く気にならないほど性格に描写してくれます。

傾き検知

傾きの検知についても問題ありませんでした。
このようにペン先を斜めにするとマーカーの太さがかわり、問題なく傾きを検知しているのがわかります。

アプリは純正メモアプリを使用しています。

純正のペン先と何ら遜色なく傾きを検知してくれるので、今まで純正のペン先を使用していた人も違和感なく使用することができます。

金属ペン先の書き味

ペン先が金属製のため、純正のペン先とは少し違った書き心地になります。ペン先が滑りやすくなるため、ガラスフィルムではツルツルして書きにくくなります。

そのため、エレコムから発売されているペーパーライクフィルムを使用すると紙に似た摩擦がうまれ、本当の紙に書いているような感覚で描写することができます。

ペーパーライクフィルムと金属製ペン先を掛け合わせれば、絵やノートを取る場合の書き心地は現行発売されているどのペン先よりも上だと感じました。

上でも紹介しましたが、文字を書く場合にはELECOM製文字用ペーパーライクフィルムがオススメです。樹脂製フィルムで、金属製の堅いペン先がフィルムに適度に沈み込み文字特有の「止め」「はね」が書きやすい使用となっています。

大学生や社会人には1番オススメできるフィルムです。

P-TIPAP04CRのペン先寿命

ペン先の寿命ですが、金属製のため基本的に摩耗しません。純正のペン先のような樹脂製ではペーパーライクフィルムを使用するとすり切れてしましますが、金属製ペン先はすり切れる心配はないため、相当長期にわたって使用することができます。

ただし、衝撃には弱くApple Pencilを落としたりするとペン先が折れ曲がることがあります。落とさないように気をつけて使用しましょう。

オススメできる?

私としては、このペン先をぜひオススメしたいと思います。

ペーパーライクフィルムと併せたときの書き心地は、現行発売されているどのペン先よりも上です。間違いなく、みなさんにオススメできます。

今回描写性能も改善されたため、勉強用途で使い人以外にも、正確な描写を求められる絵を描きたい人にもぜひオススメします。

まとめ

今回は私自身が愛してやまない極細金属製ペン先『P-TIPAP04CR』をご紹介しました。私自身の用途は勉強としてしか使っておりませんが、もうこのペン先以外使う気になれません。

iPadは文字を書くにはペン先が滑りすぎるし、ペン先が太く漢字など書きにくいため様々なペン先を探し回っていましたが、ようやくゴールにたどり着いた感覚です。この極細金属製ペン先『P-TIPAP04CR以外は使う気になれません。

ぜひ、みなさんにもオススメしたい商品となりました。

気になった方は、ぜひ購入してみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次