MacBook iPadは外付けキーボードがおすすめ!Logicool MX Keys for macを買って試してみた

Logicool MX Keys for mac

みなさんMacBookやiPadにキーボードは使っていますでしょうか。

私は今まで、Mac Bookについているキーボードを使用していましたし、それで十分だと思っていました。

この記事でわかること

Logicool MX Keys for Macとは

Mac 最強のキーボードがわかる

Logicool MX Keys for Macの特徴

目次

Mac iPadで最高のキーボード

しかし、今回Logicoolから発売している『MX KEYS』を使用してその考え方が変わりました。

私は普段、司法書士業をしており、事務所では数年前から同じくLogicoolから発売されている『CRAFT』というキーボードを使用しております。これも同じく、申し分ないキーボードです。業務上パソコンはWindowsが必須ですが、普段Macをしようしているため、事務所では、WindowsとMac両方使用しています。

Logicool製品の特徴として、Logicool Flowというものがあり、まるで同じパソコンを操作しているように、違うOSのパソコンを一台のマウスとキーボードで操作ができるといったものがあり、重宝しております。

どちらもLogicoolから発売されているハイエンドキーボードです。

自宅ではMacBookを使用していましたが、備え付けのキーボードではなく、もっと打ちやすいキーボードはないかと探していたところ、『MX KEYS for Mac 』に出会いました。

MX KEYS for Mac の特徴

MX KEYS』は通常版と『MX KEYS for Mac』 の双方発売されています。

MX KEYS for Mac』はMacとの通信を最適化して設計されているそうですが、MacでもWindowsでも両方使用できます。

MX KEYS for Mac』 の特徴は以下のとおり

・MX KEYS for Mac はキーボード配列が【US配列】のみ
・Macに最適化された通信

MX KEYS for Mac のキーボードはUS配列

US配列のキーボードを使用するのは、初めてでした。はっきりいいますと第一印象は、JIS配列のキーボードと比較して慣れてないため、打ちにくいです。
日本語は、ひらがなを変換して入力していくため、エンターキーを頻繁に使用します。US配列のキーボードはJIS配列と比較して、エンターキーが小さく慣れないと打ち間違えます。

US配列の魅力はポディションが中央にくる

US配列のキーボードは、キーボードの右側に余計な記号などがないため、ポディションが中央にきます。そのため、エンターキーと右手小指が近く、ブラインドタッチで入力できる方は、US配列のキーボードのほうが慣れれば早くタイピングできます。

Macに最適化された通信

キーボードは優先もしくは、Bluetooth接続して使用します。

キーボード購入時にレシーバーは付属していますが、Macに接続する場合 Bluetoothが使用できるため、レシーバーは使用しません。

このMacに最適化された通信は使用していて快適さを実感しています。事務所では、MacとWindowsを『CRAFT』に接続して使用していますが、ときたまに接続が不安定になり、キーボード入力ができない若しくは、文字が遅れて入力されるといったことが起こっていました。

しかし、『MX KEYS for Mac』では、接続が切れるといったことが全くなく、文字入力が遅れることもありませんでした。これだけでも文字入力を仕事としている当職にとっては、業務効率が格段に上がります。

バッテリーの驚異的な持続時間

USB-Cで充電しますが、バックライト点灯時ははバッテリーが10日、バックライトオフ時はなんと5ヶ月もバッテリーが持ちます。

この驚異的なバッテリー持続で充電が切れたというストレスからも開放されます。

Logicool公式ホームページ:https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/keyboards/mx-keys-mac-wireless-keyboard.920-009844.html

まとめ

家では、なるべく大きい画面で作業をしたいため、MacBookはシェルモードで使用しています。『MX KEYS for Mac』は、MacBook本体に備え付けキーボードとキーストロークの浅さが似ていて、打ち込みの感覚が似ているため、MacBookに慣れている方はとても打ちやすいと思います。

さらにボタン一つでMacBookとiPadと入力先を変更できるのも魅力の一つです。

MacBookやiPadの作業効率を上げたい方はぜひ『MX KEYS for Mac』の導入を検討してみて下さい。

セットでLogicool MXシリーズのマウスもおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

司法書士をやりながら、司法試験の勉強中!
司法書士は2年で合格。現在、妻と子ども2人と仲良く暮らしています。
apple製品を中心としたガジェットを使った勉強法や、仕事効率の最適化を発信します。

目次